グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  石橋総合病院からのお知らせ >  栃木県総合医学会にて3演題を発表しました

栃木県総合医学会にて3演題を発表しました


11月19日(日)栃木健康の森にて栃木県医学会が開催されました。

石橋総合病院から3演題が採択され、発表してきました。整形外科の小沼先生から、観血的整復固定後に転位し再手術にいたった小児上腕骨通顆骨折の一例、眼科の伊藤先生から、空気充填作業時に起きたタイヤ破裂による眼外傷の2例、麻酔科の鶴見先生より、オスラー病患者の全身麻酔管理の1症例を発表しました。

県内の重鎮の先生方が司会・座長でしたが、当院の医師3名はとても堂々と発表し、フロアからも活発な質問が飛び交いました。

第57回栃木県総合医学会

第57回栃木県総合医学会

第57回栃木県総合医学会