グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  石橋総合病院からのお知らせ >  とちぎ排泄ケア交流会を当院で開催しました

とちぎ排泄ケア交流会を当院で開催しました


2017年11月30日、とちぎ排泄ケア交流会を当院で開催しました。
テーマは「排泄ケア業務からコンチネンスケア(排泄・排尿障害の予防ケア)への転換の促進」で、参加した病院・施設は全部で12施設でした。

前原看護部長から「石橋総合病院の地域における役割」についてオープニングスピーチがありその後、米田看護師長が「看護ケアの見直しからスタートしたTENA導入の効果」、田崎介護リーダーが「排泄ケアへの取り組み」、堀江看護師長が「在宅でTENAを使用している事例」という内容でそれぞれ事例発表をしました。他施設の方から「石橋は頑張っていますね、とてもわかりやすかったです。」との声も聞かれました。

グループワークでは「他職種との連携の在り方」というテーマで、活発に討議されました。今回学んだことを活かし、患者さんのQOLを維持できる排泄ケアを実践していきたいと思います。

とちぎ排泄ケア交流会プログラム

とちぎ排泄ケア交流会プログラム