グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  内科 >  多発性嚢胞腎外来

多発性嚢胞腎外来


当院では、木曜午後の内科外来にて多発性嚢胞腎に関する診療を行っております。
予約は不要です。

多発性嚢胞腎とは?

 多発性嚢胞腎は、両側の腎臓にできた「嚢胞」という水の入った袋がたくさんでき、その嚢胞が大きくなる遺伝性の病気です。30~40歳代まではほとんど症状はありませんが、腎臓に嚢胞が増えて大きくなってくると、腎臓の働きが弱くなり、その結果、70歳ぐらいまでに約50%の人が血液透析になると言われています。
 遺伝形式は常染色体優性遺伝が多く、両親に多発性嚢胞腎の方がいれば、男女を問わず2分の1の確率で、遺伝している可能性があります。ご両親が多発性嚢胞腎で治療されていたり、透析を受けている場合には精査をお勧めしています。

難病指定の疾患

2015年1月1日より難病に指定されております。
 医療費助成を受けるためには、まずは難病指定医の診断を受ける必要があります。居住されている都道府県の保健所などで申請書を入手して記入し、いくつかの書類とともに保健所などに提出します。詳しくはお住いの保健所などでご相談下さい。
 当院は難病指定医、および難病指定医療機関であり、診断、治療が可能ですので、ご相談ください。

診察日

担当医師 藤田和己医師(腎臓内科)
診察日  毎週木曜日午後
受付時間 13:30~15:30(診察開始 14:00~) ※予約不要