グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  内科 >  神経内科

神経内科


脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診る内科です。
体を動かしたり、感覚を感じたりすることや、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときに受診する科です。

精神科、精神神経科、神経科、心療内科はおもに気分の変化(うつ病、躁病)や精神的な問題を扱う科です。紛らわしいですが、神経内科とは異なる分野となります。

疾患によっては脳神経外科や整形外科、その他の近隣の病院との連携も行っておりますのでご相談ください。

主な対象疾患と診療内容

しびれ、めまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ易い、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、勝手に手足や体が動いてしまう(ふるえる)、ものわすれ、意識障害等の症状がある場合は受診をおすすめします。
てんかんや認知症は、精神科においても、神経内科においても受診できる病気です。
脳腫瘍や脳動脈瘤のような病気は、脳神経外科で診ておりますので、必要に応じて紹介いたします。

検査内容

心電図、レントゲン、超音波、CT、MRI(3.0テスラ)、神経伝導速度

手術

行いません。必要な場合には、脳神経外科や整形外科に紹介します。