グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  整形外科

整形外科


自治医科大学整形外科と連携をとり、整形外科領域における様々な診療を行っています。整形外科医局からの専門医師の派遣と、治療が必要な患者さんを当院で受け入れることで、大学病院の後方支援病院としての役割を果たしています。
また、当院は栃木県内でも有数の「日本手外科学会認定研修施設」に指定されています。手外科学会専門医が常勤し、あらゆる手の外科疾患に対応可能です。
さらに、救急医療にも積極的に関わり、救急患者さんを迅速かつ適切に治療するよう心がけています。

主な対象疾患と治療内容

① 脊椎疾患:脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、変性側弯症、骨粗鬆症、脊椎圧迫骨折、変性すべり症など
椎弓形成術や椎弓切除術をはじめ、バルーン椎体形成術(BKP)、後方椎体間固定術(PLIF)、内視鏡的下ヘルニア摘出術(MED)、内視鏡下椎弓切除術(MEL)など難易度の高い手術も行っています。

② 関節疾患:変形性関節症、肩腱板損傷、野球肩、野球肘、反復性肩関節脱臼、五十肩、凍結肩、膝半月板損傷、膝靭帯損傷など
人工膝関節置換術(TKA)、人工肩関節置換術(リバースTSA)、鏡視下腱板縫合術、鏡視下靭帯再建術、鏡視下関節受動術、鏡視下半月板縫合術などを行っています。また、難治性凍結肩に対して頸椎神経根ブロック下肩関節受動術を外来にて行っています。

③ 手の外科:外傷(腱損傷、神経損傷、骨折)、末梢神経障害(手根管症候群、肘部管症候群)、炎症疾患(腱鞘炎、ばね指)、変性疾患(変形性関節症、関節リウマチ)など
マイクロサージャリーによる微細血管縫合、神経縫合、腱縫合、骨接合術、神経剥離術、鏡視下手根管開放術、腱鞘切開術、靭帯再建術、人工指関節置換術、腱移行術、関節固定術など様々な手術を行っています。関節リウマチの変形した手に対しても積極的に手術を行っています。

④ 四肢の外傷:骨折、脱臼、靭帯損傷、開放創、筋損傷など
プレートや鋼線、髄内釘、スクリューを使って骨接合を行い、早期社会復帰をめざします。いかなる部位の外傷に対しても対応しています。

検査内容

X線、CT、MRI、超音波、骨密度(DEXA法)、神経伝導速度、感覚機能
必要に応じて検査を行っています。

手術実績

2017年度:総数…522件

主な手術名 手術件数
脊椎手術 頚椎 38件
胸椎 2件
腰椎 59件
関節手術 人口関節置換術 8件
肩関節(腱板縫合など) 21件
手の外科 手根管症候群、肘部管症候群など 50件
腱損傷、手指の骨折など 59件
腫瘍 腫瘍摘出術 18件
外傷 上肢骨折 67件
下肢骨折 15件
大腿骨近位部骨折 45件
抜釘術 39件
その他(ばね指など) 101件

医師紹介

        あじき たかし
整形外科部長:安食 孝士

プロフィール

整形外科の安食孝士です。平成3年に自治医科大学を卒業し、9年間島根県のへき地医療に従事した後、自治医科大学および関連病院に18年間勤務しました。石橋総合病院には平成27年から非常勤医師として週1日勤務していましたが、このたび平成30年4月から常勤医として赴任いたしました。専門は手の外科で、手指の痛みやしびれ、むくみ、変形、さらには手のケガを得意としています。患者さん一人ひとりの手を触れながら、お困りの症状をじっくり聞かせていただいております。どうかよろしくお願いします。

資格取得等

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本手外科学会専門医

       はぎわら すぐる
整形外科医長:萩原  秀

プロフィール

主に“手の外科”を行っています。
その他にも、少しでも体の不自由が改善できるようにお手伝いができればと考えております。

資格取得等

  • 日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医

  • みぞべ ひろたか溝部 弘敬

    プロフィール

    平成13年に埼玉医科大学を卒業後、主に埼玉県川越市周辺で診療にあたってまいりました。
    このたび栃木県に転居し、縁ありまして石橋総合病院にお世話になる事になりました。少しでも地域の皆様のお役に立てるようにがんばってまいりたいと思います。どんなことでもお気軽にご相談ください。

    資格取得等

    • 日本整形外科学会 整形外科専門医
    • 麻酔標榜医

    ひらた こう平田 光

    プロフィール

    整形外科2年目の平田と申します。新潟県出身の広島県育ちです。
    縁あって、この度当院配属となりました。
    皆様のお力になれますよう精進します。
    よろしくお願いいたします。