グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  小児科 >  小児科:インフルエンザワクチン

小児科:インフルエンザワクチン


例年、年末年始に流行が開始しますので年内に規定回数の接種が終了することを推奨します。

年齢別量

年齢 接種量 回数
満6ヶ月~1歳未満 0.25ml ×2回
1歳~3歳未満 0.25ml ×2回
3歳~13歳未満 0.5ml ×2回
13歳~ 0.5ml ×1回(希望者は2回可)
2回接種する方の接種間隔は十分な効果を得るためにも1ヶ月間を推奨しています。
1歳未満の接種も可能ですが、効果は十分ではありません。お子さんだけではなくご家族の方も接種し感染防御に努めましょう。

タマゴアレルギーをお持ちの方へ

すでに他の病院でタマゴアレルギーの診断を受けている方は、原則として診断された病院で接種をしてください。
場合によって当院でも対応が可能な場合がありますが、その場合は診療情報提供書をお持ちください。

まだタマゴアレルギーの診断を受けていない方でご心配な方でも、以下の方は接種が可能な場合があります。接種前に事前に医師に相談の上予約ください。
  1. 過去にインフルエンザワクチンの接種歴があり、あきらかなアレルギー反応をみとめなかった方
  2. 加熱卵や卵の加工品を食べても問題ない方
すでにタマゴにてアナフィラキシー(強いアレルギー反応のひとつです)
を起こしたことのある方の接種は当院ではできません。