病棟紹介
病棟紹介

Ward

3階南病棟(急性期病棟:48床)

主な診療科は、整形外科・内科・眼科・耳鼻科です。
手術入院では、整形外科の肩・大腿骨・脊椎や眼科の白内障、内科入院では肺炎や心疾患の患者さんが多く入院しています。
高齢の患者さんが多くの割合を占め、既往歴のある患者さんも多いため、多様な知識を必要とします。
入退院が多く、在院日数も短い状況の中でも、退院を見越した支援を行っています。
また、受け持ち看護師を中心とした患者さんや家族の方の思いに寄り添った温かいケアを心がけています。
看護師スタッフは明るく元気に、チーム力を発揮して看護に取り組んでいます。

3階北病棟(急性期病棟:46床)

ここは大地と緑をイメージした落ち着いた配色の病棟です。
ベッド数46床の急性期病棟として外科、耳鼻科、内科、脳外科、血液内科の看護サービスを提供しています。
周術期看護、癌性疼痛看護、化学療法看護を実施していることが特徴的です。
また、地域の皆さんの健康を守るため、急な入院患者さんを温かくお受けしています。
真新しい病棟で、しかも落ち着いた雰囲気の中でこのやりがいのある仕事ができることに感謝しています。

4階南病棟(回復期リハビリテーション病棟:42床)

急性期治療を終えた後の脳血管障害、大腿骨骨折等の患者さんに対して365日リハビリを提供する「回復期リハビリテーション病棟」です。多職種(医師、看護師、介護士、理学・作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、社会福祉士等)と連携し、ひとり一人の患者さんにチームで関わっています。退院後の生活を考え、入院生活場面でもリハビリが実施できるように関わり、退院後の生活に繋がる看護が提供できるように取り組んでいます。

4階北病棟(療養病床:29床、地域包括ケア病床:20床)

急性期の治療終了後、病状が比較的安定しているものの、継続的な治療・病院での療養が必要な患者さん、また退院後の生活環境を整える準備が必要な患者さんが入院しています。
特にお年寄りの病気は長引くことが多く、身体機能を維持・改善するための看護・介護が大切です。療養病棟では一般病棟よりも「生活援助」に重点が置かれており、より良い療養生活を送って頂き退院後も安心して過ごせるよう、担当の看護師・介護職員・理学療法士が連携し、生活リハビリに取り組んでいます。
また、退院後の療養生活に不安をもつ患者さんやご家族には、主治医や担当のメディカル・ソーシャル・ワーカーと連携し、自宅あるいは施設への退院支援を行っています。