新型コロナウイルス対策について
新型コロナウイルス対策について

当院では患者さんに安心して受診していただけるよう、以下の通り新型コロナウイルス感染防止対策を行っています。
関係者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

CONTENT

当院の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応(10/8)

新型コロナウイルス感染症への対応

  1. 当院は感染症指定医療機関ではなく、同患者さんの入院治療はできませんので、ご理解をお願いします。

新型コロナウイルス感染症の診療対応方針

  1. 発熱などの症状を有する患者さんは、厚生労働省ガイドライン、日本プライマリ・ケア連合学会ガイドラインなどに基づき診療します。診察結果新型コロナウイルス感染症が疑われる患者さんは、保健所・感染症指定医療機関と連携をとり対応します。

新型コロナウイルス感染対策について

  1. 日本環境感染学会などのガイドラインに従い院内感染対策を行っています。当院は24時間換気システムが稼働しています。
  2. 持続する発熱、空咳、倦怠感などの症状がある患者さんが来院された場合は一般診察室では診療せず、救急外来の個室診察室にて対応いたします。待機が必要となることがあるため自家用車で来院ください。
  3. ガイドラインに従い標準予防策をとり、検査などに際してはさらに個人防護具(PPE)を装着し対応します。
  4. 消毒薬(アルコール、次亜塩素酸液など)を用い院内のクリーンアップを定期的、また必要時に行っています。
  5. 発熱患者さんを診察した救急外来の個室診察室は、診療終了毎に消毒薬でクリーンアップし換気します。
  6. 新型コロナウイルス感染症の情報を厚生労働省ホームページ、WHOホームページ、アメリカCDCホームページ、感染症研究所ホームページ、日本感染症学会ホームページ、主だった学術誌(Lancet、JAMA、NEJMなど)等から積極的に収集し、随時職員へ周知しています。
  7. 職員の体調管理を徹底し、有症状者は自宅療養、精査をおこないます。

感染対策への取り組み(5/1)

  1. 発熱、咳、倦怠感などの症状がある患者さん(以下、発熱患者さん)は一般診察室では診療せず、発熱患者さん用の個室診察室にて対応いたします。
  2. 発熱患者さんは正面玄関とは離れた専用の個室診察室入口から入室されます。
  3. 発熱患者さんはあらかじめ診察時間を決めて来院していただいております。
  4. 発熱患者さんの診療時はガイドラインに従い標準予防策をとり、検査などに際してはさらに個人防護具(PPE)を追加装着し対応します。
  5. 消毒薬(アルコール、次亜塩素酸水など)を用い院内のクリーンアップを定期的、また必要時に行っています。

当院かかりつけの患者さんには、体調不良時は受診前に当院へ電話でご連絡いただけますようお願いします。
また、マスク着用と来院時の検温などの感染対策にも合わせてご協力いただけますようお願いします。
 
なお、これまでに多くの発熱患者さんを診療し、必要時は県南健康福祉センターに新型コロナウイルスPCR検査をお願いしておりますが、これまでに新型コロナウイルス陽性の患者様はおりませんことを申し添えます。

新型コロナウイルス感染症の診療対応方針(3/16)

発熱などの症状を有する患者さんは、厚生労働省ガイドライン、日本プライマリ・ケア連合学会ガイドラインなどに基づき診療します。診察の結果コロナウイルス感染症が疑われる患者さんは、保健所・感染症指定医療機関と連携をとり対応します。

新型コロナウイルス感染対策について(3/16)

  1. 日本環境感染学会などのガイドラインに従い院内感染対策を行っています。
  2. 持続する発熱、空咳、倦怠感などの症状がある患者さんが来院された場合は一般診察室では診療せず、救急外来の個室診察室にて対応いたします。
  3. ガイドラインに従い標準予防策をとり、検査などに際してはさらに個人防護具(PPE)を装着し対応します。
  4. 消毒液(アルコール、次亜塩素酸液など)を用い院内のクリーンアップを定期的、また必要時に行っています。
  5. 発熱患者さんを診察した救急外来の個室診察室は、診療終了毎に消毒薬でクリーンアップし換気します。
  6. 新型コロナウイルス感染症の情報を厚生労働省ホームページ、WHOホームページ、アメリカCDCホームページ、感染症研究所ホームページ、日本感染症学会ホームページ、主だった学術誌(Lancet、JAMA、NEJMなど)等から積極的に収集し、随時職員へ周知しています。
  7. 職員の体調管理を徹底し、有症状者は自宅療養、精査をおこないます。

入院患者さんへの面会制限のお願い(3/3)

皆様ご承知の通り、新型コロナウイルス感染症は日本のどこでもおこりえる状況です。当院に入院されている患者さんの多くは重症度が高いため、新型コロナウイルス感染症に罹患した場合、非常に重大な影響を受ける可能性が高くなります。当院ではできる限りの感染対策をいたしておりますが、本邦における新型コロナウイルス感染が収束するまでの間、原則、面会を禁止させていただきます。ご入院されている全ての患者さんが安心して治療に専念出来る環境維持のため、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

ただし、病状説明、手術時の待機等は面会可能となります。あらかじめお問い合わせ下さい。

なお、新型コロナウイルス感染症について、ご不明、ご心配がありましたら、厚生労働省HP、または栃木県HPをご確認いただくか、お近くの保健所にお電話にてお問い合わせください。

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
栃木県 新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口について

発熱のある方のご来院について(3/3)

新型コロナウイルス感染症の拡大予防のため、熱があって受診希望の方は、お電話をしてからご来院下さい。
ご来院の際は、必ずマスクの着用をお願い致します。

ご来院される皆さまへマスク着用及びご持参のお願い(3/3)

昨今の新型コロナウイルス感染症対策の為、当院ではご来院(入館)する方には原則マスク着用をお願いしております。
また新型コロナウイルス感染症の影響により、社会的なマスクの品不足が進み、当院でもマスクの確保が難しい状況となっております。
このような状況をご理解いただき、ご来院時に使用するマスクについては各自ご持参していただけますよう、お願い申し上げます。