グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  麻酔科

麻酔科


石橋総合病院 オペ室

麻酔科は、手術室における麻酔、および全身の管理を行います。手術中の痛みをとるのはもちろん、手術中に患者さまの体に生じる出血、不整脈、血圧・脈拍・体温変動等を常に監視し、異常に対して直ちに対処します。

全身麻酔では、静脈麻酔、吸入ガス麻酔、局所麻酔では、脊椎麻酔、硬膜外麻酔、神経ブロック、浸潤麻酔、表面麻酔を行っています。また持続硬膜外麻酔・持続オピオイド静注にてほぼ全例に術後鎮痛を行っています。
麻酔の際は、患者さまが麻酔についてできる限り納得のいくまで説明します。
また、周術期の患者管理を徹底させ、少しでも安全な状態で手術に望んでいただくために他科との連携を取り、術前・術後のフォローアップを行なっています。


新病院に移転しまして、50平米の広さの手術室を3部屋完備し、最新の麻酔器、モニターを揃え、患者様の安全と感染症の発生を防ぐために、クリーン度の高い清潔な手術室を備えています。

年間約900件の手術があり、うち全身麻酔例を中心に約500件以上の麻酔管理を担当しています。

ページ内目次


医師紹介

       つるみ ともこ
麻酔科医長:鶴見 友子

プロフィール

患者さんの手術が安全に行われることを、第一に考え、術前評価、術中管理を行っております。石橋出身です。地域住民の皆様の健康と医療の発展に尽くしていきたいと思っています。

資格取得等

  • 日本麻酔科学会 麻酔科認定医 麻酔科専門医
  • 医学博士
  • スポーツドクター
  • 産業医