グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科


首から上の構造のうち、脳、脊髄、眼球、歯以外の全ての領域を扱います。
扱う内容は
①視覚以外の感覚とコミュニケーション
②生存の基盤である気道と食道の入り口である関係上、気道狭窄と嚥下の異常 
が主になります。感覚器としては、聴覚と平衡覚を担当する耳、嗅覚を担当する鼻、味覚を担当する口腔咽頭、それに、コミュニケーションのために音声を作り出す喉頭が担当範囲となります。
オスラー病(遺伝性出血性末梢血管拡張症)による難治な多量頻回の鼻出血に対する手術治療では日本中から患者さんが集まっています。
慢性中耳炎などによる難聴や、慢性副鼻腔炎による鼻閉・嗅覚障害などに対する機能改善手術にも豊富な経験を誇ります。
補聴器相談医・適合判定医による補聴器の相談や適合判定は新病院での診療開始に合わせ新規開設し、充実したものにします。
めまいの薬物治療・リハビリ、睡眠時無呼吸症候群の診断・治療、嚥下障害に対する診断・リハビリ・治療、気道狭窄の管理にも力を入れています。必要な方には漢方治療も積極的に行っています。

耳鼻咽喉科 担当医表

※月曜日 火曜日 水曜日 ※木曜日 金曜日
午前 市村 恵一 非常勤医師
(獨協医大)
田中 利明 市村 恵一 田中 利明
田中 利明 - - -
午後 田中 利明 常 勤 医 田中 利明
(嚥下外来)
常 勤 医 田中 利明
市村 恵一
(補聴器外来)
※月曜・木曜の午後:2時00分~5時00分

補聴器外来

補聴器は難聴の方の聞こえを助ける手段ですが、本人のみならず、周囲の方々もそれに協力することにより、互いのコミュニケーションを改善することができます。
最近の研究により難聴は認知症の発症の1要因ということがわかってきました。補聴器を使うことにより認知症になりにくくすることが出来ればいいですね。
最近の補聴器はただ音を大きくして入れるだけでなく、周囲の雑音を入りにくくするなどさまざまな機能がついています。それでも、それを耳に入れたらすぐによく聞こえるようになるというものではありません。人それぞれ難聴の程度は違いますし、どういう場面で使うのかも異なります。ですから、まず試聴してみましょう。
それから、自分の身体の一部とするために、調整を繰り返すことが必要です。通信販売や認定補聴器技能者のいない店で購入すると、こうした調整がなされませんから、高い買い物をしただけで、うるさくて使えなかったという苦情が出るわけです。当院では検査を繰り返し行いながら、調整を繰り返し、各人にフィットした補聴器となるようにします。ご期待下さい。

嚥下外来

ものを飲み込むこと(嚥下)は当たり前のように行われていますが、実は極めて複雑な神経制御がなされているのです。
脳卒中、神経変性疾患などでは高率に嚥下障害が起こります。そして、結果として誤嚥を起こし、嚥下性肺炎となる確率が高まります。
こうした患者さんに対し、内視鏡検査や造影検査を行い、誤嚥の程度、性質などを客観的に評価し、言語聴覚士と協力し、嚥下訓練や手術を含めた治療を行うことにしています。

主な対象疾患と診療内容

鼻疾患

アレルギー性鼻炎(花粉症)、急性ならびに慢性の鼻副鼻腔炎、鼻出血、嗅覚障害、鼻骨骨折、鼻腔異物など

耳疾患

難聴、耳鳴、めまい、急性・慢性・滲出性中耳炎などの各種、外耳炎、耳垢、耳内異物、耳管開放症など

口とのどの疾患

声帯ポリープ

口内炎、口腔咽頭乾燥症、舌疾患、唾石症、味覚障害、急性扁桃炎、急性咽喉頭炎、急性喉頭蓋炎、扁桃周囲膿瘍、睡眠時無呼吸症候群、嚥下障害、咽喉頭異常感、声がれ(右写真参照:声帯ポリープ)など

首の疾患

頸部の腫れ、頸部リンパ節炎、甲状腺疾患、唾液腺疾患など

その他

顔面神経麻痺、顔面痛

検査内容

  • 難聴に対する聴力検査
  • 補聴器適合検査
  • めまいに対する平衡機能検査
  • アレルギー性鼻炎に対する抗原検査
  • 睡眠時無呼吸症候群に対する簡易睡眠時呼吸検査
  • 鼻、咽頭、喉頭に対する内視鏡検査
  • 頭頸部全領域の画像検査(CT,MRI,超音波)

手術

耳領域

鼓室形成術、鼓膜形成術、鼓膜換気チューブ留置術、鼓膜切開術、外耳道異物摘出術、耳瘻孔摘出術

鼻領域

内視鏡下鼻副鼻腔手術、鼻茸摘出術、鼻中隔矯正術、鼻粘膜皮膚置換術、外鼻孔閉鎖術(オスラー病)

咽喉頭領域

口蓋扁桃摘出術、アデノイド切除術、咽頭異物摘出術、扁桃周囲膿瘍切開術、声帯ポリープ切除術、喉頭蓋嚢胞摘出術

頸部領域

顎下腺摘出術、頸部リンパ節生検、気管切開術、喉頭気管分離術、輪状咽頭筋切断術

医師紹介

   いちむら けいいち
院長:市村  恵一

プロフィール

耳鼻咽喉科全般を扱いますが、オスラー病という難治な鼻出血に対する手術法を開発し、全国から患者さんが集まります。他に中耳炎の手術、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の治療が得意分野です。

資格取得等

  • 医学博士(東京大学:昭和54年9月授与)
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 日本気管食道科学会認定専門医
  • Best Doctors in Japan™2010-現在まで
  • 補聴器適合判定医

         たなか としあき
耳鼻咽喉科医長:田中 利明

プロフィール

出身地は東京都。出身校は獨協医大です。母の生まれが西方町なので子供の頃から栃木は第二の故郷(ふるさと)だと思っています。ちびっ子からお年寄りまで正確な診断と親切・丁寧な診療を心がけております。

資格取得等

  • 身体障害者福祉法指定医